Admin New entry Up load All archives

Concrete Space | GUNPLA

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

MG | ユニコーンガンダム #08 | UM 塗装 

土日は久しぶりに何の予定もいれずに家でのんびりしていました。
塗装作業もノリノリ、この週末で7割位終わりました。


IMG_2005.jpg

サイコフレーム(非発光状態)、ネットでの作例もあんまり見つけられず
UC4巻の「ガンダム!俺に力を貸せ!」のシーンを静止して観察しながらの調色。
テストピース吹きまくった結果Cスーパーアイアン+Fフォーミュラクロームが一番それっぽいので吹きました。

光沢クリアーまで吹きましたが、角度によってガンメタ〜シルバーと色が変わり、
イメージ通りの仕上がりで満足。組んだらもう露出しないんだけど。


IMG_2009.jpg

バックパックの下地にFファンデーションブルー。
この後Fスーパーディープブルー+Fスーパーファインコバルト+G蛍光ピンクを吹き付け。
SFコバルトは、先の2色の調合結果が暗すぎて心配になって少し足しました。焼け石に水でした。
仕上がりとしてはVer.Kaのカラー指定みたいな暗めの紺に。


IMG_2014.jpg

白パーツもちょっと塗りました。曲線より直線が好きなんだろうと再認識しました。連邦万歳。
塗りながらエキサイトしてました。デカール貼って組むのが楽しみ。

つづく。

category: RX-0 ユニコーンガンダム

CM: 2 TB: --   

MG | ユニコーンガンダム #07 | UM サフ 

表面処理も終わったのでサフに入りました。


IMG_1991.jpg

の前に、うつむきイケメン目指して首1mm延長。


IMG_1997.jpg

0.5mmのハンドピースでサフを吹きました。
もう、感動。感動の嵐。2本目にコレを買うべきだった。

0.3mmでも問題なく吹いてはいたのですが
こいつに換えたらサフがスイスイ吹けて、ものすごい勢いでノリます。超らくちん。


IMG_1994.jpg

装甲にもサフ。C面のヨレとかシャープにしたエッジの切れ口とかチェック。
最初のサザビーと比べたらちゃんと理想の方向へ成長しててうれしくなりました。
とはいえ、人様の作品と比べれるシロモノにはまだまだ遠く、考えながら手を動かしていこうと思います。


IMG_1992.jpg

今回はウニコーン固定なのでサイコフレームも豪快に非発光状態に塗ります。
シルバーなんでしょうけど、種類が多すぎて何色で塗ろうか悩んでます。

つづく。

category: RX-0 ユニコーンガンダム

CM: 4 TB: --   

ユニコーン研磨 

国家試験、終了しました。
国家試験っていっても自分のお仕事に関わるマニアックな分野なんだけどもそこはぼかすとして、
翌日発表された答えを元に自己採点した所、なかなかのスコアをマークできたので
後はマークシートの記入ミスがなければ大丈夫、、、だと思いたい所です。


抑制のタガが外れたのか、日曜からひたすらユニコーンガンダムの表面処理。
IMG_1988.jpg

残すは左脚部とシールドとなりました。
複雑な面構成で、平面主体のデザインがものすごくヤスリがけの練習になります。
もっと早く挑戦すればよかった。エッジが出るように自分なりに気をつけて磨いています。

てっきり部品が多くて死ぬかと思いきや、
武器セットよりも部品に表情があるので意外に飽きずにシャカシャカしてます。


IMG_1982.jpg

超音波洗浄機も大活躍。
たまーにモールドにハマってるカスが残ってるものの、かねがね奇麗になるので満足。
なにより風呂場で凍えながらシャカシャカしなくてすむと思うと本当良い買い物したと思います。


IMG_1981.jpg

勉強で色々我慢していたので、ストレス発散と言わんばかりに趣味に投資しました。
HDDレコーダーを持っていないので、埃かぶってるPS3に働いてもらおうとトルネ。
実売7000円位でばっちり録画できるので今まで見れなかったアニメなんかチェックしてみようと思います。

後は0.5mm口径のエアブラシ。週末あたりこいつでサフ吹いてみたいと思います。


IMG_1989.jpg

ところで、いつも愛用しているハイキューパーツさんより
ヤスリ商品大好きな僕としては飛びつかずにはいられない新製品が。420円というお手頃価格。


IMG_1990.jpg

こんな感じで、調色スティックに両面リタックシートを貼付けて、紙やすりを巻き付けれます。
貼り直しokで、接着力が落ちてきたら水洗いで復活するという、
先日導入したリタックスティックの弟分のような感じです。

粘着力は今の所申し分なし、武器の合わせ目なんかに楽にヤスリがけできそうです。
今まではプラ板切り刻んで両面テープで紙ヤスリを固定していましたが、
これなら面倒な張り替えもなく、カッチリ安定して取り回しできます。

自分が棚に並べたいガンプラの理想が「エッジがキリっと立っていて」「クリーンな作風」なので
こういった製品も色々と試してガッテンしてみたいと思います。

おしまい。

category: 雑記

CM: 4 TB: --   

MG | ユニコーンガンダム #06 | 武器 完成 

仕事と勉強に追われながらも武器セットが完成しました。
本体はまた時間がかかりそうなので写真とっちゃいました。


IMG_1970.jpg

ビームマグナム。アニメ版として明るいグレーで一丁、ver.ka基準の暗めのグレーで2丁。
このデザイン、全MSで一番好きな形です。が、こいつの合わせ目消しが今回一番修行はいってました。
バックパック接続ピンを後ハメ化しましたが全然必要なかった。。

カートリッジのデカール、馬鹿正直に表裏貼ったらそれだけで60箇所突破しました。辛かった。



IMG_1974.jpg

ハイパーバズーカ。フルコーン用のみ砲身の可動をオミットしています。
後はスネに装備するミサイル類。


IMG_1976.jpg

ハイパービームジャベリン。塗膜ごっそり持ってく接続方法なので一部パーツつけてません。
色々いじったけど、シールド接続が一番かっこいいかも。後先端がビームマグナムにもつけれます。誰得。
後ろの部品はフルコーン用ジョイントパーツ。使うつもりはありませんがなんとなく塗装。


IMG_1977.jpg

ビームガトリング。表面処理が辛かった。本当辛かった。
銃身にかっこいいマーキングがあるんですが、シールだった為スルー。。水転写欲しいなあ。
ハイキューパーツ製デカールから似たようなコーションマークをチョイス。


IMG_1980.jpg

センサーはプラを削り落とした後にHアイズ+背面ミラーフィニッシュ+SPプレートを接着。


現在は本体の面出し作業を勉強の片手間に進めています。
まだまだ先は長いですがモチベーションはなんとか維持しています。
試験が終わったらがっつり進めたい。

category: RX-0 ユニコーンガンダム

CM: 6 TB: --   

忙しいことはよいことだ 

しんで しまいます

勉強どころか、1秒もガンプラ触れない一週間でした。
ガキンチョの頃に比べてだいぶ仕事に対してプロ意識が芽生えてきたのかなあと
自分の成長をちょっと実感。来週は少し落ち着きそうなので勉強に追い込みをかけたいと思います。


IMG_1956.jpg

そんなこんなでユニコーン武器セットはスミイレとデカールほんのちょっとしか進んでいません。

同じ部位3セット分一気に切り出して水に浸して作業。
デカールがちょっと古いのでパキパキになったりとなかなか奇麗に貼れません。
水転写デカールは保存が難しいですね。。。


IMG_1955.jpg

運転に支障が出るレベルで視力の衰えを感じていたので、本日はメガネを作ってきました。人生初眼鏡。
メガネなんて、縁がない時は全然気にしてなかったものの、
いざ選んでみると微妙なデザインの違いで印象がガラっと変わったりして
フレーム選びが非常に難しかったです。

店員さんのアドバイスを頂きながら小一時間迷った末にコイツに決めました。
運良く自分にあったレンズの在庫があった為、即日お持ち帰り。
ちょっとかけてみましたが、くっきり見えるようになったものの目が非常に疲れて軽い頭痛が。。。
我慢してかけてれば治るかな。


IMG_1960.jpg

そんでもって、ついに導入!超音波洗浄機。アマゾンで6000円位でした。
パーツ洗浄、今まではお風呂場であぐらかいて歯ブラシと洗剤でシャカシャカ地味に洗っていたのですが
この寒い時期、ものすごく応えるのでポチっとしてしまいました。

作業場から水場までが遠いので、分離できるやつにしました。
とりあえずサングラスを洗浄してみたけど、ピカピカになりました。こいつぁすげえ。

肝心のパーツ洗浄ですが、前述の通り作業が進んでないのでお試しできず。
モールドに詰まったヤスリカスなんかが落ちれば万歳なのですが。


IMG_1959.jpg

ちょっと不満なのが電極が水に対してノーガードなところ。
説明書にも「水に濡らさないで下さい」と書いてますが、ちょっと隙だらけな場所に生えてる気がします。


category: 雑記

CM: 4 TB: --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。